ジオパーク学習会「三陸ジオパーク推進協議会」(岩手県宮古市浄土ヶ浜)

岩手県宮古市にある「三陸ジオパーク推進協議会」は、平成26年9月2日(火)の13時30分より16時30分まで、三陸を代表する景勝地・浄土ヶ浜にて、園内で案内を行う職員、ガイドなどの知識向上を目的に、ジオパーク学習会を開催。

岩手県立大学総合政策学部吉木岳哉教授を講師に、宮古市役所商業観光課、浄土ヶ浜ビジターセンター、みやこ浄土ヶ浜遊覧船などの職員、スタッフ、ガイド及び市民ら約15名が参加。

自然豊かな浄土ヶ浜園地内を歩きながら、各ジオポイントを吉木教授が解説。

参加者は先生のお話に熱心に耳を傾け、また、不明な点は、積極的に質問を行った。

園地内での講義が終わった後は、浄土ヶ浜レストハウスで、資料を用いた学習会を行い、参加者はさらに知識を深めた。

今回の学習会で参加者は、三陸海岸の地形の特徴、浄土ヶ浜の成り立ちなど幅広く三陸ジオパークについて学んだ。

三陸ジオパークが日本ジオパークに認定されて約1年。

今後、この学習会をきっかけとして、観光客へのご案内のさらなる向上が期待されます。

 

お問い合わせ

三陸ジオパーク推進協議会