みやこ浄土ヶ浜遊覧船とローソク岩(岩手県宮古市)

(写真:三陸ジオパークの名所「ローソク岩」を行く、みやこ浄土ヶ浜遊覧船「陸中丸」)

「みやこ浄土ヶ浜遊覧船」と「三陸ジオパーク推進協議会」では、「みやこ浄土ヶ浜遊覧船」において、「三陸ジオパーク」の日本ジオパーク認定1周年を記念して、平成26年9月20日(土)から9月28日(日)まで、「三陸ジオパーククルーズ」号を運航。

「三陸ジオパーククルーズ」号は、ローソク岩、夫婦岩、潮吹穴など三陸ジオパークの各名所を巡る通常の浄土ヶ浜周遊コースとは若干異なり、ローソク岩、夫婦岩をご覧になった後は、学術的に興味深い地層が見られる日出島をさらにじっくりと周遊する特別コース。

「三陸ジオパーククルーズ」の運航時刻は各日10時20分発(11時着)で、料金は、なんと通常料金の大人1,250円、小人630円でOK!。

また、9月20日(土)、21日(日)、23日(火)は、通常のマリンガイドのご案内に加え、ジオパークの専門家が幅広い知識を活かし特別ガイドを実施。

さらに深く三陸ジオパークを学ぶことができます。

ぜひ、この機会に、日本ジオパーク認定1周年を迎えた「三陸ジオパーク」を船上から体感してみてはいかが?

日出島(岩手県宮古市)

(写真:「三陸ジオパーククルーズ」号が遊覧する日出島)

 

■「三陸ジオパーク」認定一周年記念「三陸ジオパーククルーズ」号の運航ルート

 みやこ浄土ヶ浜遊覧船「三陸ジオパーククルーズ号」(岩手県宮古市)

(写真:遊覧船上から望むおよそ1億1000万年前に海に堆積した日出島の地層)

「三陸ジオパーク」認定一周年記念「三陸ジオパーククルーズ」号は、浄土ヶ浜を出港後、風光明媚な裏浄土ヶ浜やローソク岩や夫婦岩を眺めた後、潮吹穴を遠目にみながら、三陸ジオパークの名所「日出島」へ直行(当日の海の状況によりルートが若干異なる場合がございます)。

国天然記念物指定「日出島クロコシジロウミツバメ繁殖地」でもある「日出島」は、周囲約1.8 キロメートルの無人島で、約1億1000万年前に海に堆積した地層が見られる三陸ジオパークの屈指のジオポイント。

まず最初に普段はみることができない日出島の北側の地層をガイドの案内を聞きながら船上からじっくりと観察。

次にこちらも普段はみることができない日出島の南側へ向かい、同じように地層をガイドの案内を聞きながら船上からじっくりと観察。

日出島の迫力ある地層をご覧になった「三陸ジオパーククルーズ」号のお客様からは、「ガイドさんの案内を聞きながら観察することができとても勉強になった」、「普段はみることがない昔の地層を間近で見ることができて良かった」などと好評の声を多数寄せられています。

この機会に普段見ることができない日出島の1億1000万年前の地層を観察して古代のロマンに思いをはせてみてはいかが。

 

アクセス