なつかしい未来創造株式会社「防災サバイバル・キャンプin陸前高田」(岩手県陸前高田市)

陸前高田市の経営者たちが立ち上げた復興まちづくり会社「なつかしい未来創造株式会社」では、平成26年11月22日(土)・23日(日)・24日(月)に、陸前高田市にて 「災害時に必ず役立つスキルを体験型で身に付けられる3日間」をテーマに「防災サバイバル・キャンプin陸前高田」を開催。

「防災サバイバル・キャンプin陸前高田」は、高田自動車学校・田村滿社長、八木澤商店・河野通洋社長、長谷川建設・長谷川順一社長による被災時の実体験のお話、津波避難路歩きやロープワークなどの体験講座、ワークショップファシリテーター・ホールアース自然学校・田中啓介氏よるどの山でも生えている竹を使った炊飯や住居・食器作りなどを実施し、防災に関して、見て、感じて、学べる内容盛り沢山の3日間となっています。

今回の「防災サバイバル・キャンプin陸前高田」を主催する「なつかしい未来創造株式会社」の担当者は、「奇跡の一本松で有名な、岩手県陸前高田市は、3.11による津波で、全世帯の7割以上が被害を受けました。その陸前高田だからこそ、災害への備えを“体験型”で学ぶことができるはずだ、そんな想いから、今回の防災サバイバル・キャンプが企画されました。身の回りにあるものを活用して、避難所での生活を少しでも快適にするためのサバイバル術を体験し、実際に被災された事業者の方のお話を聞いて、自分たちがどう動くべきかを考えます。家族・友人・仲間の命を守り、地域を再び元気にするために、なにができるのか?。陸前高田ならではの“気づきの場”で、お待ちしています」と皆さんの参加を呼びかけています。

「防災サバイバル・キャンプin陸前高田」は、宿泊費及び一部の食費を除き、参加費は無料となっておりますので、ぜひこの機会に、災害時に役立つスキルを集中的に学んでみませんか?

詳細及びお申し込み、お問い合わせは下記までどうぞ。

 

詳細