浄土ヶ浜パークホテル(岩手県宮古市)

三陸海岸の観光の中心「浄土ヶ浜」にある「浄土ヶ浜パークホテル」(岩手県宮古市)では、観光のお客様にホテルのゆったりとした空間でお食事を楽しんでいただこうと、夕食や朝食の会場にも使用されており松林越しに宮古湾を望むことができる「ダイニングレストラン最東端」にて、ランチ営業を年間を通して実施中。

ランチ営業では、生ウニ丼や刺身定食などの旬の海鮮料理から短角牛ステーキや白金豚のトンカツなどのお肉料理まで幅広いメニューを取り揃え。

そんな豊富なメニューの中で、目を引くのが、「季節替わりのパスタ」。

「季節替わりのパスタ」は、春、夏、秋、冬それぞれの季節の旬の味覚を取り入れた一品で、この夏は、「蛸とつぶ貝の冷製スパゲティ」。

「蛸とつぶ貝の冷製スパゲティ」は、蛸、つぶ貝といった海の幸やトマト、水菜などの野菜からなる具材と冷たい生パスタを絡めた料理。

具材の蛸、つぶ貝は、身が厚いながらも程よい噛みごたえで噛むほどに味わい深く、また、添えられている甘いトマトやシャキシャキした水菜が良いアクセントとなっています。

さらに、ちょうどよく茹で上がっているパスタは、生だけに、モチモチの食感で、具材との相性も抜群です。

「蛸とつぶ貝の冷製スパゲティ」は、夏に相応しい、冷たくさっぱりとした食べやすいパスタとなっています。

この「蛸とつぶ貝の冷製スパゲティ」は、冷たいパンプキンスープ、スモールサラダが付いて、お値段なんと、1,080円。

この「蛸とつぶ貝の冷製スパゲティ」は、夏季限定メニューで、8月27日(木)までの提供となっておりますので、食される方は今がチャンスです。

この夏、あなたも浄土ヶ浜で旬のパスタでホテルランチを楽しんでみてはいかが?

 

スナップ

浄土ヶ浜パークホテル(岩手県宮古市)

浄土ヶ浜にほど近い浄土ヶ浜パークホテル。

 

浄土ヶ浜パークホテル(岩手県宮古市)

ホテルに入ると美しい宮古湾を望むロビーが広がる。

 

浄土ヶ浜パークホテル(岩手県宮古市)

ランチ営業は、落ち着いた雰囲気の「ダイニングレストラン最東端」で実施中。

 

浄土ヶ浜パークホテル(岩手県宮古市)

客席からは、美しい松林が広がり、木々の合間からは青い宮古湾が覗く。

 

浄土ヶ浜パークホテル(岩手県宮古市)

アワビの貝殻をつかった箸おきで、おもてなし。

 

浄土ヶ浜パークホテル(岩手県宮古市)

夏季限定、生パスタを使用した「蛸とつぶ貝の冷製スパゲティ」。冷たいパンプキンスープ、スモールサラダも付いて、お値段なんと、1,080円。

 

浄土ヶ浜パークホテル(岩手県宮古市)

食後は、売店「おおきに」でお土産を。

 

リンク

 

ランチ営業時間

11:30~14:00(ラストオーダー13:30)

定休日なし