写真

NPO法人 体験村・たのはたネットワーク「夏の里山・ヒメホタルの夕べ」(岩手県田野畑村)

 

内容

最近、蛍をご覧になったことはありますか?

環境の変化により、最近見る機会がめっきり減ってしまいましたね。

実は、この貴重な蛍を観察するイベントが岩手県田野畑村で開催されます。

平成29年7月8日(土)に、岩手県田野畑村で「夏の里山・ヒメホタルの夕べ」が開催されます。

「夏の里山・ヒメホタルの夕べ」は、北山崎でサッパ船を運航し、被災地ガイドなど様々な自然体験プログラムを提供している「NPO法人体験村・たのはたネットワーク」の主催により行われます。

「夏の里山・ヒメホタルの夕べ」は、保全活動を行う地域住民のお話を聞きながら、希少なヒメホタルの観察を行います。

また、絶滅危惧種に指定されているチョウセンアカシジミの観察も行います。

ヒメホタルもチョウセンアカシジミも成虫の寿命が7日から10日ほどと短く観察できるのはこの時期だけです。

あなたも、黄金色の光をフラッシュのように放ち、まるで宝石をちりばめたように飛ぶ、ヒメホタルの幻想的な姿を観察してみませんか?

「夏の里山・ヒメホタルの夕べ」は、参加は無料となっております。

定員は20名となっており、定員になり次第締め切ります。

参加ご希望の方は、お早めにお申し込みください。

「夏の里山・ヒメホタルの夕べ」の詳細及びお申し込みは、上記、もしくは下記リンク先にあるご案内をご覧ください。

 

リンク