画像

 

詳細

季節は、夏の暑さも過ぎ去り、秋も深まり涼しくなり、スポーツの秋に相応しい季節になってきました。

スポーツもいろいろとありますが、今、気軽に楽しめるウォーキングが人気のようですね。

「スポーツライフに関する調査」によりますと、ウォーキングは、この20年の間に週1回以上行う人の割合が13.6%から32.5%へと2倍以上大幅に増加したそうです。

全国各地でウォーキングのイベントが開催される今日この頃、三陸でもこの度、ウォーキングのイベントが開催されます。

平成30年11月3日(土)に岩手県田野畑村で「晩秋の里山・渓流ウォーキング」が開催されます。

「晩秋の里山・渓流ウォーキング」は、田野畑村で多彩な自然体験プログラムを提供している「NPO法人 体験村・たのはたネットワーク」により行われます。

「晩秋の里山・渓流ウォーキング」は、山々に囲まれのどかな風景が広がる田野畑村の甲地地区で行われます。

渓流沿いのなだらかな舗装道を散策しながら、同行のガイドさんが、甲地地区に残る石碑の由来や地域の産業をご案内します。

散策後は、甲地公民館で地元の方との昼食を囲んでの交流会が行われます。

交流会では、自家製豆腐を使った甲地の郷土料理「八杯汁」のお振る舞いがあります。

このように、「晩秋の里山・渓流ウォーキング」は、ガイドさんの案内のもと自然豊かな里山を散策し郷土料理も味わえる、普段とは異なる特別なウォーキングを楽しむことができます。

あなたも「晩秋の里山・渓流ウォーキング」で秋の里山ウォーキングを楽しんでみませんか?

「晩秋の里山・渓流ウォーキング」は、参加料は無料となっております。

しかし、定員が20名で、予約が必要となっておりますので、ご希望の方は、お早めにお申し込みください。

「晩秋の里山・渓流ウォーキング」のご予約、お問い合わせは、下記リンク先、主催者となる「NPO法人 体験村・たのはたネットワーク」の公式ホームページ掲載の情報をご確認ください。

 

リンク