画像

 

詳細

早いもので、新年まであと二ヶ月を切りました。

来年の元旦のご予定は、もうお決まりでしょうか。

いつもの神社で初詣という方も多いのではないでしょうか。

来年の元旦は、少し違った初詣をしてみたい方!

三陸では、この度、他にはない、海のある三陸ならではの体験をすることができる元旦の催しが行われます。

平成31年1月1日(火)元旦に、岩手県宮古市にある「みやこ浄土ヶ浜遊覧船」では、太平洋上で初日の出を拝む「洋上遥拝クルージング」が運航されます。

只今ご予約を好評受付中です。

「洋上遥拝クルージング」は、午前6時30分に、宮古市にある国の名勝・浄土ヶ浜を出航し、午前6時52分に、本州最東端の地・宮古市重茂半島の沖の太平洋上で初日の出を拝みます。

私自身も毎年運営スタッフとして、「洋上遥拝クルージング」に乗り込みますが、目の前に水平線が広がる静寂に包まれた早朝の太平洋上から、250名のお客様が一斉にひとつの初日の出を拝む光景は、自然の偉大さを感じることができ、毎回、感動させられます。

まさしく、一年に一度、ここでしか味わえない体験です。

ぜひ、あなたも、この感動を体験してみませんか?

この「洋上遥拝クルージング」では、ご乗船の方に、特典として、本州最東端のまち訪問証明書、縁起の良い「紅白の御餅」、携帯用カイロ、運航後に桟橋で温かい甘酒のお振る舞い(ノンアルコール)も用意されています。

なお、この「みやこ浄土ヶ浜遊覧船」の「洋上遥拝クルージング」は、完全予約制となり、定員250名になり次第締切ます。

毎年12月中旬頃には、満席となり、受付終了となりますので、ご希望の方はお早めに、お申し込みください。

「みやこ浄土ヶ浜遊覧船」の「洋上遥拝クルージング」の詳細は、下記、「みやこ浄土ヶ浜遊覧船」の公式ホームページあるご案内をご覧ください。

 

リンク