画像

 

詳細

暦は大寒も過ぎ、一年で最も寒い時季がやってまいりました。

気候は寒いのですが、海の幸を食べるには、絶好のシーズンです。

この時季、世界三大漁場を控える三陸でもオススメの海の幸は、いろいろありますが、今のオススメはなんといっても三陸名物の「早採れワカメ」です。

「早採れワカメ」とは、新芽の生わかめのことで、1月から2月頃までしか採れず、なおかつ、傷みが早いため市場にはあまり出回らない希少なワカメです。

「早採れワカメ」は、黒色に近い濃い緑色のワカメで、さっと湯通しするだけで一瞬できれいな黄緑色に変わります。

「早採れワカメ」は、しゃぶしゃぶにしてポン酢で食べるのが最高で、柔らかな歯ごたえと磯の旨みが抜群です。

まさしく、早春を感じさせるフレッシュな味わいで、普段食べるワカメとは一味も二味も違う格別なワカメです。

大船渡市の国道45号線沿いにある「大船渡おさかなセンター」では、只今、この「早採れワカメ」が続々と入荷中です。

また、「大船渡おさかなセンター」では、その他にも、ナメタガレイ、真ガレイ、どんこ、真ダラ、殻付かき、殻付ホタテ、ヤリイカ、タコ、ナマコなどなど、旬の新鮮な魚介がいっぱいです。

あなたも、今の時季しか食べることができない希少な「早採れワカメ」、そして、寒い冬だからこそ美味しい旬の海の幸をお求めに、「大船渡おさかなセンター」を訪ねてみませんか?

「大船渡おさかなセンター」がある大船渡市を縦断する三陸自動車道は、現在、急ピッチで整備が進み、続々と延伸しています。

平成30年7月に陸前高田長部IC~陸前高田IC間 が、平成30年8月には吉浜IC~釜石南IC間が開通し、釜石市から陸前高田市までが一本の高速道路で結ばれ、さらに、大船渡市がグーンと身近になりました。

ぜひ、この機会に、「大船渡おさかなセンター」にお出かけになってみてください(最寄りのインターチェンジは、三陸自動車道・大船渡碁石海岸ICです)。

「大船渡おさかなセンター」の詳細は、下記リンク先にある公式ホームページをご覧ください。

 

リンク