画像

 

詳細

先日、平成31年3月23日(土)は三陸鉄道がリアス線として開通いたしました。

実は、同日、三陸ではもう一つおめでたいニュースがありました。

平成31年3月23日(土)、宮古市にある宮古市魚菜市場が、リニューアルオープンいたしました。

三陸の新鮮な魚介が所狭しと並ぶ宮古市魚菜市場は、長らく宮古市民の台所として営業を続けておりましたが、今回、リニューアルのために平成31年1月1日より二ヶ月半ほど休業となっていました。

そして、平成31年3月23日(土)、三陸鉄道の開通と同じ日に満を持してリニューアルオープンしました。

同日、私も取材に行って参りました。

新しい宮古市魚菜市場は、リニューアルされさらに明るくなった市場内に、以前と変わらずに、三陸の旬の海の幸を扱う老舗の魚屋が軒を連ねています。

これらの魚屋では、活きのいい大きなお魚が丸ごと一匹どーんと陳列台に横たわっていたり、ホタテやカニなどが生きたまま販売されており、その活きのよさにとても驚かされます。

また、魚介以外にも、市民にも人気の唐揚げが評判の肉屋を始め、野菜、生花、郷土菓子、お土産品などなど今まとで同様に様々なお店が揃っています。

そして、早朝から営業している市場食堂も健在です。

さらに、今回のリニューアルによって、キャッシュレス決済も導入され、さらにお買い物が便利になりました。

また、今後まもなく、市場で販売している魚介をすぐに焼いて食べることができるスペースの開設も予定されています。

このように、宮古市魚菜市場は、今までの新鮮さ品揃えの良さはそのままに、さらにお買い物が楽しく便利になりました。

この機会に、新しく開業した三陸鉄道に乗って、新しくなった宮古市魚菜市場を訪ねてみてはいかが?

宮古市魚菜市場の詳細は、下記リンク先にある情報をご覧ください。

 

リンク