(今回は、「バレンタインデー2013震災復興スペシャルインタビュー」と題して、日本テレビ系列「秘密のケンミンSHOW」に出演し、テレビ岩手「5きげんテレビ」でリポーターとしてお馴染みの、岩手県出身タレント「あゆか」さんのスペシャルインタビューをお届けいたします。あゆかさんに被災地、そして、岩手県への思いを熱く語っていただきました。バレンタインデーということで、いつも本サイトをご覧になっている皆様へ愛を込めてお贈りいたします♥。平成24年12月2日(日)、岩手県盛岡市にある岩手県北バス盛岡営業所にてインタビュー。平成25年2月14日(木)公開。)

 

 

(写真:大好きな故郷岩手県について熱く語ってくださった、あゆかさん)

 

■駅にある大型ビジョンで震源地・東北を知る

2011年3月11日、震災時は仕事で東京にいました。

地震直後、震源地がどこかわかりませんでしたが、駅にある大型ビジョンで映る故郷岩手県の様子を見て、そこで、初めて震源地が東北だということがわかりました。

仕事が終わり、自宅へ帰ろうとしましたが、交通が寸断され駅前は大混乱でタクシーもいない状態でした。駅前のお店は、帰宅する人が自転車やシューズを買う人で大混乱。

駅に二時間ほどいましたが、夕方になり仕方なく歩いて帰ることにしました。

帰り道の道路は帰宅するために大勢の人が歩いており身動きがとれない状況で、そのまま人の流れ沿って歩き、途中、道に迷いながらヒールを履いたまま25キロ程の道を10時間ほどかけてやっとの思いで帰りました。時計を見ると夜中3時でした。

 

■避難所にいる子供たちに漫画本を

みんなのことが心配ですぐに岩手県に帰りたかったのですが、両親に東京にいることを勧められました。

大切な故郷なのでいろいろ悩み考えましたが、表には出ずに個人として、支援活動を行うことにしました。

震災から二ヶ月たった五月に今子供たちに何が必要かを考え、憩いとなればと、子供たちに人気がある漫画本「ワンピース」を全巻持って、東京から車で、ようやく故郷岩手県へ向かいました。

車で幼少を過ごした街、宮古市を目指しましたが、道路に街灯がなく暗くなると危険でしたので、断念しました。

それでも、大槌町など岩手県南の避難所を訪れ、子供たちに「ワンピース」を渡してきました。その時の子供たちの喜んだ顔が今も忘れられません。

 

■岩手県生まれのご当地タレント

私は、現在、東京の芸能事務所に所属し、芸能活動を行っております。岩手県で生まれ育ち、父は警察官の仕事をしており、仕事の関係上、宮古市、千厩町、前沢町などで生活してきました。

現在は、岩手の方言を話すご当地タレントとして活動する一方で、日本農業技術検定を取得し、雫石町の農家に通い「雫石あゆか米」を作るなど「芸農人」としても活動しております。

ちなみに、トラクターはデザインが斬新なクボタのグランダムが好きです。

最近では、カジュアル衣料販売「Right-on」(ライトオン)さんのコマーシャル「方言彼女」に出演しており、岩手の方言で「Right-on」(ライトオン)さんの商品をPRしています。

 

■宮古市での思い出

岩手県宮古市では、小学校5年生、6年生の時に山口団地に住んでいました。

以前出演したテレビ番組「秘密のケンミンSHOW」でも紹介しましたが、宮古市で家族と食べたイクラを載せたおいしい「はらこそば」が今も忘れられません。

また、よく友達や家族と訪れた浄土ヶ浜も忘れられません。

浄土ヶ浜は、砂浜ではなく小石が広がる浜なので、身体に砂がつくことがなくとても快適に海水浴ができるのが気に入っています。

波も穏やかでちょうどよく、しかも、白い岩塊が並ぶあの景観の素晴らしさ、そして、昼と夜で様子を変える景色など大好きなところです。

さらに、住んでいた山口団地の近くにある源義経伝説の地「黒森神社」も好きな場所です。

こんなにも身近に、しかも、人知れず神社に源義経の伝説があるのに驚きました

 

■品質が高いのに知られていないものが多い岩手県

岩手県には品質が高いが知られていないものが多く、東京にいて、とてもはがゆく感じます。

岩手県と言えば、平泉や小岩井農場などの観光地、前沢牛、三陸わかめ、江刺りんご、お米などの農水産物が知られていますが、他にも品質が高いのに知られていないものが多いです。

例えば、アメリカ・シアトル生まれでアメリカのコーヒー通をうならせてきたシアトルの名店「カフェ・マキネスティ」の支店が今年六月に岩手県紫波郡紫波町にある交流施設「オガールプラザ」内にオープンしました。

ちなみに、「マキネスティ」とはイタリア語で、バリスタを指導やエスプレッソマシーンを専門的に扱える人という意味だそうです。

私は、この「カフェ・マキネスティ」のオープンのPRのお手伝いをさせていただきました。

「カフェ・マキネスティ」では、コーヒーカップなど口に触れるものは全て品質が高い高級品を使用し、照明も世界的に有名なティファニーのものを取り付け、テーブルはハリウッドのセレブの方々が愛用するものと一緒のもので、スポーツカーフェラリーで使用されているフェラーリイエローを店内色調に用い、さらに、日本ではここにしかないエスプレッソマシーンも使用しています。

また、「カフェ・マキネスティ」の近くにあるにオープンしたサッカー場「岩手県フットボールセンター」は、JFA公認グラウンドで、サッカー選手が泣いて喜ぶという、ドイツの超名門サッカークラブ「バイエルンミュンヘン」のグラウンドと同じ世界最高水準の人工芝を使用しています。

こんなにも全国的に見ても珍しいお店やサッカー場が岩手県にあるのに、以外にもほとんど知られていないのは、とてももったいないことです。

PR方法としては、従来ある岩手県らしい自然や素朴さを活かしたものの他に、久慈ありすなどのアニメや熱狂的なファンが多いバンドブームなどを利用した今までにない既成概念を打ち破ったPR方法も今後必要だと感じています。

 

■被災地・岩手県へのメッセージ

一人じゃないよというのを伝えながら、みなさんと一緒に少しでも役に立てるようがんばっていけたらと思っております。

 

■記念撮影

 

(写真:インタビュー場所となった岩手県北バス盛岡営業所にて、快くバス運転士の帽子をかぶってポーズをとってくださった、あゆかさん。)

 

■あゆかさんのプロフィール

【生年月日】1987年2月3日
【出身地】岩手県
【血液型】AB型
【身長】身長162㎝
【特技】足を肩にかける、でんぐり返し、オペラ(岩手編)
【資格】日本農業技術検定3級、POP広告クリエーター、医療事務1・2級、医療秘書3級、秘書検定2級、普通自動車免許、漢字検定準2級、ビジネスマナー検定3級、ワープロ検定3級、ペン字検定2級、簿記検定3級、電卓検定3級
【役職】希望郷いわて文化大使、宮古市観光親善大使、日本農業技術検定イメージキャラクター(2011年度)
【公式ブログ】あゆかオフィシャルブログ「あゆかっぺちーの」
【公式ホームページ】ケイダッシュグループ公式WEBサイト・あゆかさん
【参考動画】ライトオン×方言彼女(2013/01/15)ライトオン×方言彼女(2012/12/11)ライトオン×方言彼女(2012/09/24)カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW(2009/12/10)

(所属事務所「ケイダッシュステージ」様のホームページなどから作成)

 

■ニュース

あゆかさんが平成25年3月24日(日)岩手県久慈市道の駅くじ「やませ土風館」で開催される「復興市」に出演決定!

 

※編集後記:あゆかさんは、お忙しい中わざわざ東京から岩手県にお越しいただき、岩手に対する熱い思いを一時間以上に渡って語ってくださいました。熱心に語るあゆかさんのお話に夢中になってしまい本当に時間が過ぎるのがあっという間でした。また、言葉を慎重に選びながらメッセージを語るあゆかさんのお姿に故郷岩手県に対する深い愛情を感じました。これからも、様々な復興支援活動を続けて行きたい、とおっしゃっていました。岩手の方言を武器に芸能界で活躍を続けるあゆかさんにこれからも目が離せません、数少ない岩手県出身のタレントであるあゆかさんをみんなで応援していきしょう!