(今回は、宮古魚市場近くに震災からいち早く営業を再開した人気寿司店があると聞いて訪ねてまいりました。平成25年3月18日公開。)

 

■全壊した港町でいち早く店舗再開「魚正」

三陸の港町・宮古市でも指折りのお寿司屋さんと評判が高い「魚正」(うおまさ)。

一昨年の震災による津波被害により、空き地が広がる宮古魚市場にほど近い鍬ケ崎地区の一角に建つ。

同店も津波により大きな被害を受けたものの店舗は流されずに残り、いち早く再興し宮古市に訪れた方々の舌をうならせている、と聞きのれんをくぐった。

 

■ネタとご飯が別になったこだわりの「チラシ寿司」

値は張るがせっかくなので、自慢の一品「チラシ寿司・特」(3,000円)をいただく。

通常、チラシ寿司は、シャリ(寿司飯)の上にネタ(寿司種)が載っているが、こちらのチラシ寿司は、シャリとネタが別となっている。

理由を店員に伺うと、「ウニの汁で酢飯が濡れるのを防ぐため」と。

徹底した味のこだわりに、思わず深くうなずく。

この「魚正」は、魚市場から最も近い寿司店とあってか、どのネタもキラキラと輝き光沢感が感じられ、ネタの新鮮さが伺える。

彩り良く盛られたチラシ寿司を早速頂くと、厚切りのマグロトロは口の中でとろけるほどに柔らかく、ウニも舌の上でとろけるほどでほのかに甘い。

しばし至福の時が流れた。

 

■お手頃価格のランチメニュー

他にも「魚正」では、ランチメニューとして、マグロ・ウニ・イクラなど10巻が載った「三陸宮古寿司」(1,500円)、上質なイカ・マグロを載せた「イカマグロ丼」(1,000円)、三種の味が楽しめる「イカホタテマグロ丼」(1,000円)、見た目も鮮やかな「おまかせちらし」(1,000円)、手軽に楽しめる「巻物セット」(600円)を用意。

手頃な値段で宮古の味を満喫できる。

このようにメニューが豊富ならば再訪せざるを得ないと思い店を後にした。

(注:上記料理内容や値段は、季節や仕入状況により変更となる場合があります)

 

■アクセス

【住所】
〒027-0006岩手県宮古市鍬ケ崎上町7-16

【電話】
0193-62-7885

【営業時間】
11時~14時
16時~22時

【定休日】
毎週月曜日(変更有)

【メニュー】
グランドメニュー
ランチメニュー
(メニュー提供:魚正)

【交通アクセス】
東北新幹線→[盛岡駅]→岩手県北バス106急行バス(約2時間10分)→[宮古駅前]→岩手県北バス路線バス奥浄土ヶ浜・宮古病院行(宮古~浄土ヶ浜~宮古病院)(約8分)→[鍬ケ崎3丁目]→徒歩(2分)
・宮古駅から車(レンタカータクシー)で約8分

【地図】


大きな地図で見る