公開日:平成25年9月18日

 北限の海女(岩手県久慈市)

 

■全国から観光客が多数見学。歴史ある「北限の海女」の素潜り実演。

北限の海女(岩手県久慈市)

NHK朝の連続テレビ小説の「あまちゃん」にも登場し、全国的な注目を集める久慈市の「北限の海女 素潜り実演」。

報道によると、「あまちゃん」の放送により、見学者が昨年と比べ23倍にもなったとか。

この歴史ある「北限の海女 素潜り実演」、今年の素潜りは、いよいよ9月30日で終了。

日時は、土日祝日の10時20分、11時20分、14時20分の1日3回(平日は10名以上の団体予約のみ受付、個人で平日見学希望の場合は、下記「アクセス」欄記載の久慈駅前発の日帰りバスツアー利用)。

料金は500円。

嬉しいことに、絣柄の北限の海女ステッカーがオマケで付いてきます。

北限の海女の素潜りは、「あまちゃん」のにも何度も登場した小袖海岸にある海女センターにて受付し、すぐ側の岩場端の海にて実演。

絣を来た海女さんが海に潜り、わずか数十秒で手にたくさんのウニを抱えて再び海上に上がってきます。

早業ともいえるその光景は、まさにお見事。

全国から訪れた大勢の観客から拍手が送られます。

採ったウニは、陸にあがった海女さんが、見学者に間近で見せてくれます。

そのトゲがピクピクと動く生きたままのウニの姿に感動です。

また、海女さんがいろいろとウニについて説明してくださいます。

さらに、素潜りのさいに採ったヒトデやヤドカリを子供たちにプレゼントしてくださいます。

見慣れぬその光景に子供たちも興味津々、そして、大喜び。

海女さんの粋なおもてなしの心に、ただただ感心するばかりです。

 

■「あまちゃん」放送中に「北限の海女の素潜り」を見に久慈市小袖海岸を訪れよう !

小袖海岸(岩手県久慈市)

また、小袖海岸周辺では、テレビでも登場した漁港や灯台などロケ地めぐりもできる他、まめぶ汁などの出店もあり、楽しめます。

中でも、現役の海女さんが店員を務めるお土産品販売の出店もあり、直接、海女さんと触れ合いを楽しむことができオススメ。

また、運が良ければ、海女さんが採った生ウニを殻つきのまま食べることができます。

さらに、海女さんと同様の絣はんてんを着て「北限の海女」が記された手ぬぐいを頭に巻き、能年玲奈さんのごとく「あまちゃん」になりきっての、コスプレ記念撮影も無料でできます(食事用のテーブル・イスを並べた小屋のハンガー立てにあり)。

9月末で放送が終了する「あまちゃん」。

放送中に、ロケ地の小袖海岸で「海女の素潜り」を見学するのもオツなもの。

この秋は、ぜひ、岩手県久慈市小袖海岸へ。

 

■アクセス

夜行高速バス「岩手きずな号」(岩手県北バス)、キャラクター「あまりん」

(岩手きずな号)

小袖海岸遊覧船(岩手県久慈市)

(久慈⇔小袖遊覧船)

【久慈駅までのアクセス】
・東京駅→(東北新幹線:約2時間35分)→二戸駅→(スワロー号:約1時間10分)→久慈駅前 [合計約3時間45分]
・東京駅→(東北新幹線:約2時間11分)→盛岡駅→(久慈こはく号:約2時間15分、白樺号:約2時間42分)→久慈駅前 [合計約4時間26分]
・芝浦車庫・田町駅入口・東京駅八重洲口・六本木ヒルズ・東京ドームホテル→(岩手きずな号:11時間50分)→久慈駅前 [合計約11時間50分]
・八戸自動車道九戸インターチェンジから50分

【久慈駅から小袖海岸までのアクセス】
小袖海岸周辺マイカー規制のお知らせ
(10月末日までの土日祝日9時から16時までマイカー規制。臨時路線バス運行)
海女ちゃんと三陸鉄道&ウニ丼まめぶ汁 北三陸号
(上記久慈こはく号1便接続、同時予約可)
久慈地域周遊観光バス1便(9:30発)2便(10:30発)3便(13:30発)4便(14:30発)
(久慈駅前発着9月29日までの土日祝日運行)
久慈⇔小袖遊覧船
(久慈市街地に近い玉の脇港から小袖海岸まで土日祝日運航中。平日は15 名様以上の団体のみ、要予約。玉の脇港に大型駐車場あり。遊覧船上から風光明媚な小袖海岸見学可能)

【海女さん素潜り情報】
北限の海女素潜り実演(平成25年度)

【海女さん素潜り見学料金】
500円

【予約】
不要(団体は要予約)

【あまちゃんロケ地情報など】
じぇ!あまちゃんロケ地のうわさだじょ(久慈広域観光協議会)
【特集】NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」情報ページ~リンク集~ 

 

北三陸を旅する(岩手県北バス)