公開日:平成25年10月17日

大船渡おさかなセンターの「さんま産直便」(岩手県大船渡市)

 

■ご案内役:大船渡おさかなセンター 店長代理兼課長 保原 昇さん

大船渡おさかなセンターの保原昇さん(岩手県大船渡市)

 

■本州一の水揚げを誇る大船渡のサンマ。その理由は?。

大船渡おさかなセンターのサンマ(岩手県大船渡市)

サンマの水揚げが多いことで知られる大船渡。

昨年度は、おかげさまで本州一位の水揚げ量でした。

本州各地の漁港よりもなぜ、大船渡港のサンマの水揚げが多いのか?

それは、まず前提条件として、サンマはほとんどが、北海道沖と三陸沖でしか採れないのです。

その上で、大船渡港は、震災から水産会社がいち早く復興したことがあげられます。

また、他の港より大きいサンマ漁船が三艘あります。これが非常に大きいのです。

さらに、サンマを貯蔵する冷蔵庫・冷凍庫の容量が他の港よりも大きいこともあげられます。

大船渡では、一日約500トンから600トンのサンマ水揚げがあります。

 

■大船渡では、さんまは焼いて食べない?

 大船渡おさかなセンターのサンマ(岩手県大船渡市)

皆さん驚かれますが、大船渡市民は、サンマは焼かずに、ほとんど刺身で食べます。

それほど、大船渡市民は、新鮮で脂がのったおいしいサンマを食べることができます。

そして、水揚げされるサンマの脂が落ちてきたら、漁師料理の「なめろう」にして食べます。

サンマを包丁で細かく叩いたものに、味噌やネギを入れて、合わせます。

これもまた、美味です。

 

■全国から注文が来る大船渡の秋刀魚

大船渡おさかなセンターの「さんま産直便」(岩手県大船渡市)

これから、さんまは、北海道沖から三陸沖に移動し、大船渡では、さらに新鮮でおいしいさんまが水揚げされます。

北海道沖ですと、漁をして水揚げまで2日かかることもありますが、三陸沖ですと一晩であがります。

秋が深まるにつれ、さらに脂がのった美味しいさんまがお召しあがりいただけます。

大船渡港に近いこの大船渡おさかなセンターでは、新鮮でおいしいさんまを販売しております。

毎年好評をいただいている全国発送も受け付けております。

お電話での注文もできますので、本ホームページに添付してありますご案内を参考に、お気軽にお申し付けください。

ご注文時、さんまのお一人様の目安は、2~3本です。

もし、多いときは、ご近所さまにお配りになるなどしていただければと思います。

おかげさまで、今年も、多数のご注文をいただき、多いときは、1週間から10日待ちの日もございます。

本日も、大分県から「おいしかったからまたご注文します」と二度目のご注文のお電話をいただきました。

大船渡のさんまをぜひ、皆様も味わってみてください。

 

■様々な旬の魚介類が並ぶ「大船渡おさかなセンター」

大船渡おさかなセンターのナメタガレイ(岩手県大船渡市)

大船渡おさかなセンターでは、秋刀魚以外でも、様々なお魚を販売しております。

これからの季節、秋刀魚以外では、サケがオススメです。

10月~11月が食べごろで、塩焼きやチャンチャン焼きがオススメです。

また、秋イカもおすすめです。

この時期のイカは、身が厚くなり、さらに美味しくいただけます。

焼いてもいいですし、イカの腑と和えて塩辛にしても最高です。

また、これから冬が近づくにつれ風が冷たくなりますので、イカを一夜干しにしても美味しくいただけます。

他にも、ナメタガレイやホタテなど、大船渡おさかなセンターでは、大船渡港でその日に水揚げされたお魚を中心に、たくさんの新鮮な魚介類が並びます。

大船渡にお越しのさいは、ぜひお立ち寄りください。

お待ちしております。

 

■アクセス

【名称】
大船渡おさかなセンター

【住所】
〒022-0002 岩手県大船渡市大船渡町字砂子前1-1

【電話】
0192-27-8100

【営業時間】
10:00~18:00

【定休日】
元日

【公式ホームページ】
大船渡おさかなセンター

【交通アクセス】
東北新幹線→[一ノ関駅]→岩手県交通・路線バス大船渡一関線(約2時間14分)→[お魚センター三陸前]
東北新幹線→[一ノ関駅]→JR大船渡線(約1時間10分)→[気仙沼駅]→JR大船渡線BRT(約1時間10分)→[大船渡駅]→タクシー(約5分) 
・JR・三陸鉄道盛駅から車(レンタカー・タクシー)で約10分 
東北自動車道一関インターチェンジから車で約1時間41分

【サンマ全国発送】
「岩手県大船渡港さんま直送便」申し込み用紙

 


 

※編集後記:なぜ大船渡で秋刀魚の水揚げが多いのか?、長年気になっておりましたが、大船渡おさかなセンターの保原様に、親切ていねいに教えて頂き、たいへん良く理解できました。また、大船渡では塩焼きではなく刺身が主流なのにも驚かされました。それほど秋刀魚が新鮮なのですね。皆様も本州一の水揚げを誇る秋の味覚・大船渡の新鮮秋刀魚をぜひ召しあがってみてください。