岩手県三陸海岸観光旅行ポータルサイト

「ラグビーワールドカップ2019™日本大会」岩手県釜石市開催情報

  • HOME »
  • 特集 »
  • 「ラグビーワールドカップ2019™日本大会」岩手県釜石市開催情報

 

 

新着ニュース

ラグビーワールドカップ™公式情報

「ラグビーワールドカップ2019™日本大会」とは?

4年に一度開催される、5人制ラグビーの世界一を決める大会「ラグビーワールドカップ」。2019年の「ラグビーワールドカップ」は日本で開催されます。「ラグビーワールドカップ2019日本大会」は、アジアでの初開催となる記念すべき大会となっています。

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」の参加国は以下の20カ国となっています(五十音順)。

アイルランド、アメリカ、アルゼンチン、イタリア、イングランド、ウェールズ、ウルグアイ、オーストラリア、サモア、ジョージア、スコットランド、トンガ、日本、ニュージーランド、フィジー、フランス、南アフリカ、ロシア、アフリカ地区予選一位国、敗者復活最終予選一位国

 

岩手県では、釜石市の「釜石鵜住居復興スタジアム」で開催

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」の開催地は、日本国内12箇所となっており、その中に岩手県も選ばれております。岩手県では、釜石市にあります「釜石鵜住居復興スタジアム」で開催されます。なお、国内のその他の開催地は以下のとおりです。

札幌ドーム(北海道)、熊谷ラグビー場(埼玉県)、東京スタジアム(東京都)、 横浜国際総合競技場(神奈川県)、小笠山総合運動公園エコパスタジアム(静岡県)、豊田スタジアム(愛知県)、東大阪市花園ラグビー場(大阪府)、神戸市御崎公園球技場(兵庫県)、東平尾公園博多の森球技場(福岡県)、熊本県民総合運動公園陸上競技場(熊本県)、 大分スポーツ公園総合競技場(大分県)

 

ラグビーワールドカップ2019・釜石市開催までのみちのり

日本の近代製鉄発祥の地であり、世界遺産・橋野鉄鉱山(橋野高炉跡)を擁する釜石市は、「鉄の町」として知られ、釜石製鉄所と共に歩んで来ました。

この釜石製鉄所には、かつて、新日鐵釜石ラグビー部があり、昭和54年から昭和60年まで日本選手権7連覇を達成し、通算8度の日本一に輝くなど、「北の鉄人」と呼ばれ、日本のラグビー史に偉大な足跡を残しました。

新日鐵釜石ラグビー部は、2001年から、クラブチーム「釜石シーウェイブスRFC」にその活動が引き継がれています。

このように、「鉄」とともに、「ラグビー」は、釜石市民にとっては切っても切れない仲なのです。

しかし、鉄鋼産業の縮小による人口減少、東日本大震災による大被害などの逆境が釜石市をおそいました。

しかし、さらなる釜石市の発展と歴史の継承のために、釜石市は、「ラグビーワールドカップ2019日本大会」の開催地の誘致に名乗りをあげました。

そして、市民の懸命な努力により、2015年に見事、開催地決定にこぎつけました。

 

「釜石鵜住居復興スタジアム」概要

ラグビーワールドカップ2019釜石開催の試合会場となる「釜石鵜住居復興スタジアム」は、釜石市の北部、鵜住居地区にあります。

この鵜住居地区もまた、海に面していたため、東日本大震災により大きな被害を受けました。

鵜住居地区で被害を受けた鵜住居小学校と釜石東中学校の跡地に、スポーツによる地域再生の願いを込め、「釜石鵜住居復興スタジアム」は、復興の象徴として建設されました。

そして、平成30年夏完成予定となっています。

「釜石鵜住居復興スタジアム」の概要は下記となっています。

 

「釜石鵜住居復興スタジアム」へのアクセス

  • 準備中

 

「釜石鵜住居復興スタジアム」での開催試合

「釜石鵜住居復興スタジアム」での試合開催日は下記となっております。2試合が予定されています。

  1. 開催日:2019年9月25日(水)
    キックオフ:14時15分試合内容:フィジー vs ウルグアイ
  2. 開催日:2019年10月13日(日)
    キックオフ:12時15分
    試合内容:アフリカ地区代表 vs 敗者復活予選優勝チーム

 

「釜石鵜住居復興スタジアム」での開催試合のチケット購入方法

「釜石鵜住居復興スタジアム」を始めとする「ラグビーワールドカップ2019日本大会」の試合のチケットは、2018年1月19日(金)から、抽選申込受付が開始されます。詳細は、下記ページをご覧ください。

 

チーム概要 候補選手

  • 準備中

 

ラグビーワールドカップ2019大会アンバサダー・桜庭吉彦さんインタビュー

新日本製鐵釜石ラグビー部で活躍。ラグビーワールドカップ3大会(1987、1995、1999年)出場。2006年現役引退。現在は、新日本製鐵釜石ラグビー部を引き継いだ「釜石シーウェイブス」のゼネラルマネージャーを務めるかたわら、ラグビーワールドカップ2019大会アンバサダーとしても活躍中。

 

リンク集

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

 

PAGETOP
Copyright © いわて三陸観光復興プラットフォーム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.