岩手県三陸海岸観光旅行ポータルサイト

創業は昭和初期に浄土ヶ浜で料亭を開いたのが始まり。以来、宮古市に訪れる観光客をおもてなし。「陸中物産センター石川」(岩手県宮古市)

  • HOME »
  • »
  • »
  • 創業は昭和初期に浄土ヶ浜で料亭を開いたのが始まり。以来、宮古市に訪れる観光客をおもてなし。「陸中物産センター石川」(岩手県宮古市)

 

 

【ご案内役】陸中物産センター石川 代表取締役 石川浩さん

 

■当社の歴史

当社「陸中物産センター石川」は、昭和初期、岩手県宮古市の名勝・浄土ヶ浜にて料亭「石川亭」を始めたのが始まりです(写真左)。

料亭は3階建てで多数部屋があり、窓の外には美しい浄土ヶ浜が広がり、国の官僚の方も食事に来るほど賑わっておりました。

また、他にも、土産品店、20名乗りの観光船「千鳥丸」、貸しボートなどを営み、浄土ヶ浜にいらっしゃる観光客をおもてなしして参りました。

そして、昭和62年11月より、浄土ヶ浜を離れ、宮古市の臨海部・藤原埠頭を望む国道45号線沿いで、レストラン「五右衛門」(2階)と土産品店(1階)を営業しております。

当社は、私で3代目になります。私は、前述の料亭で生まれ育ち、幼少の頃は、浄土ヶ浜で遊びまわり、浄土ヶ浜からみた蒸気船に憧れ、日本郵船の船乗りになり、世界を一周して歩きました。

そして、26歳で料亭に戻りました。

当時、浄土ヶ浜前には、塩田があり、また、白い岩に囲まれた浜辺は大沼、小沼と呼ばれ、近くの鍬ケ崎の方々は浄土ヶ浜に行くことを「沼に行く」と言っていました。

この「沼」は、ウニやアワビなど海産物の宝庫で、料亭で注文が入ると、直接この沼から材料を採りにいくほどで、天然の生簀のようでした。

そして、料亭の奥にある山からは、サンショウウオが採れるほどきれな湧水があり、それにちなみ料亭がある所は「水取沢」と呼ばれていました。

このように、まさしく、浄土ヶ浜は、海の恵みにも山の恵みにも恵まれたまさに極楽浄土の地でした。

 

■ 平成23年3月11日東日本大震災、震災当時の様子

平成23年3月11日東日本大震災、震災当日、私はお店にいました。

大きな揺れに身の危険を感じ、従業員を自宅に帰らせ、私もすぐに市内の高台にある自宅へ戻りました。

宮古市の臨海部にあった当店は、人的被害はなかったものの2階建て店舗の1階部分、土産品店が津波により全壊するという大きな被害にあいました。

1階には隣接する藤原埠頭より流れついた大きなコンテナが挟まっているほどでした。

 

■震災からの復旧・復興の歩み

震災後、4月より無事だった2階のレストラン「五右衛門」を利用し、復興関連で働く方々の仕出し弁当を作る仕出し業務を再開しました。

併せて、震災復興の補助金を利用し、店舗の改修を行い、平成24年8月に完成し、1階のお土産品店、2階レストラン「五右衛門」がオープンし、震災前の形での営業を再開しました。

そして、今日まで、復興応援ツアーなどの団体旅行客、個人・小グループの観光客、地元宮古市の方々など多くの方にご利用いただき感謝しております。

 

■「陸中物産センター石川」レストラン「五右衛門」おすすめメニューランキング

陸中物産センター石川では、2階にあるレストラン「五右衛門」にてお食事をご注文のお客様へドリンクバーを無料にて提供させていただいております。

また、2階にあるお席からは、復興に向けて工事が進む臨海部や遠く宮古湾を望むことができます。

どうぞ、心ゆくまでごゆっくりとお過ごしください。

【第1位】海鮮丼 1,500円 (11:00~13:00)

海鮮丼・陸中物産センター石川(岩手県宮古市)

当店の海鮮丼は、エビ、カニ、マグロ、サーモン、ホタテ、イクラ、イカ、サンマ、サバ、ハマチ、計十品もの季節の新鮮な海の幸を丼ぶりにあふれんばかりに満載した一押しメニュー。海鮮丼には、茶わん蒸し、小鉢、酢の物、味噌汁、香の物も付いて、サービス価格1,500円で提供させていただいております。
なお、この海鮮丼と刺身定食のみ、11時から13時までの提供とさせていただいております。と、いいますのも、お客様にご満足いただけるものをお届けするため、生物である海鮮丼と刺身定食は、私だけが調理にあたっており、13時より仕出し食器の回収に向かいますので、それまでのこだわりの時間限定メニューとなっております。ぜひ、ご賞味ください。
また、メニューにはございませんが、ご要望により、1,800円、2,000円などご予算に応じて、海鮮丼をお作りいたしますので、お気軽にお申しつけください。

【第2位】磯ラーメン 900円

三陸の名物とも言える磯ラーメン。当店の磯ラーメンは、エビ、カニ、ホタテ、ウニ、ツブ、しゅうり貝といった魚介類とワカメ、メカブ、マツモといった海藻類を一堂し、たくさんの海の恵みがお楽しみいただけます。海の幸の旨みが凝縮されたスープは麺との相性も抜群で、地元の方にもファンが多い当店人気メニーです。900円。

【第3位】焼うに帆立弁当~三陸いわて福幸弁当~ 1,000円 (3日前要予約)

焼うに帆立弁当~三陸いわて福幸弁当~は、大きなホタテと柔らかなウニを特製ダレでじっくりと焼き上げ、相性のいい酢飯の上に載せ、焼鮭と煮物も添えました。こちらのお弁当一つで海の幸の人気者、ホタテ・ウニ・サケがお楽しみいただける当店自慢の一品です。三陸復興の願いを込め、三陸福幸(ふっこう)弁当と名付けました。
こちらのお弁当は、ツアーなどの団体のお客様向けのご予約メニュー(3日前まで)となっておりますが、個人のお客様もご予約いただければ、一個からでもご用意させていただいております。お気軽にお電話ください。

(上記メニューは、漁、仕入れ、季節の関係で内容が異なる場合がございます。あらかじめご了承願います。)

 

■本サイト限定!ご来店記念プレゼントを進呈。

この度は、最後までお読みいただき誠にありがとうございます。

私共から、本サイトをご覧いただいた方だけに、ささやかながら、ご来店記念のプレゼントをご進呈させていただきます。

下記、プレゼント券をご持参いただいたお食事をご注文のお客様に、品質が高いと全国的に評判の「三陸産わかめ50g」(宮古市重茂産)をプレゼントいたします。

三陸産ワカメは滑らかな食感が抜群でみそ汁やラーメンにもサラダにも最適な一品です。

三陸の思い出に、お土産にぜひ、ご賞味ください。

 

■これからいらっしゃるお客様へのメッセージ

当店では、広くゆったりとおくつろぎいただけるレストランに加え、団体客様向けに大広間もご用意しております。

また、レストランでは通常メニューの他に、ツアーやご会合などの団体様向けのお料理や仕出しお弁当もご予約にてご用意し、好評をいただいております。

さらに、当店では、復興工事現場などへのお弁当の配達も承っております。お気軽にご連絡ください。

そして、当店では、三陸各地の名産品を集めたお土産品店もございます。

当店「陸中物産センター石川」は、長年、観光地宮古市で多くの観光客をおもてなしして来ました誇りを胸に、これからも、なお一層、ご満足いただけるサービスの提供に努めて参りますので、何卒、今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

■アクセス


(1階にある土産品店では三陸各地の名産品が一堂集合。)

【住所】
〒027-0022 岩手県宮古市磯鶏石崎3−14

【電話】
0193-62-5627

【ファックス】
0193-63-7977

【営業時間】
11時~17時

【定休日】
年中無休

【メニュー】
お品書き
おすすめメニュー
仕出しメニュー
三陸いわて福幸弁当包み紙
ごあいさつ

【プレゼント券(クーポン券)】
お食事をご注文のお客様へ「三陸産ワカメ50g」(宮古市重茂産)をプレゼント(必ず印刷してお持ちください)

【交通アクセス】

・東京→(東北新幹線:約2時間20分)→盛岡駅→(岩手県北バス106急行バス:約2時間10分)→宮古駅前→(岩手県北バス山田・船越方面行:約12分)→市民会館→(徒歩:約2分)
・宮古駅から車(レンタカータクシー)で約8分

【地図】

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

 

PAGETOP
Copyright © いわて三陸観光復興プラットフォーム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.