岩手県三陸海岸観光旅行ポータルサイト

世界三大漁場の一つ三陸沖で獲れた新鮮な海の幸をお届け「協同組合 宮古市魚菜市場」(岩手県宮古市)

 

 

【ご案内役】協同組合宮古市魚菜市場 主任 坂下隆一さん

 

■平成23年3月11日東日本大震災、震災時の様子

平成23年3月11日東日本大震災のさい、宮古市街地の内陸部にある宮古市魚菜市場は、地震や津波の直接的な被害はありませんでした。

しかし、停電により場内で営業を行うことができなかったため、販売できる商品が残っている店舗に限って、駐車場に青空市場という形で販売を行いました。

また、宮古市魚菜市場の婦人部を中心に宮古市魚菜市場内に残った食材で炊き出しを行い、宮古市魚菜市場の青年部を中心に各避難所に届けてまわりました。

そして、震災から5日後にやっと電気が復旧し宮古市魚菜市場は、営業を再開することができました。

 

■震災からの復旧・復興の歩み

宮古市魚菜市場は震災による直接的な被害はありませんでしたが、津波により、漁船が集まる宮古市魚市場、ホタテやカキやウニを育てている養殖施設、商品仕入れ先となる小売店などが大きな被害を受け、宮古市魚菜市場内にある各店舗では、商品の確保が難しくなりました。

また、組合員が営む企業によっては、人的被害や本店事務所や加工場などが被災する物的被害が発生したところもありました。

震災翌月の4月に魚市場が営業が再開、8月には漁協の製氷工場が稼働し漁船の立ち寄りが増えたこともあり、少しずつ宮古市魚菜市場内各店舗の品揃えも落ち着いて来ました。

そして、さらに、被災を受けた宮古市民の方々に元気を出して頂こうと、宮古市魚菜市場が中心となって、2011年6月に音楽関係者の方々の支援のもと「復興支援ロック野外ライブ」(POWER STOCK IN 宮古、出演者:氣志團など)、2011年10月にはプロレス団体の支援のもと「復興チャリティープロレス」(新日本プロレス、出場者:棚橋弘至、中邑真輔など)を開催いたしました。

 

■「宮古市魚菜市場」の見所ランキング

【第1位】新鮮な魚や野菜を販売

世界三大漁場の一つでもある三陸沖で獲れた新鮮な海の幸から宮古市内で採れた新鮮な野菜や果物などの山の幸まで、あらゆる食材がお求めいただけます。特に魚介類は、その日の朝に宮古市魚市場で水揚げされた新鮮なものが宮古市魚菜市場内にある各店舗に並びます。ホタテや毛ガニなどは生きたまま店頭に並べられ、お魚は切り身はもちろんのこと丸ごと一本でも売っているのが魅力です。

【第2位】昔ながらの対面販売

宮古市魚菜市場内にある各店舗では、昔ながらの対面販売を続けております。旬のお魚やその調理方法を店員のお母さんに聞くなど、店員の方々とふれあいながらお買い物をお楽しみいただけます。

どのお店も人情味あふれる店員ばかりですので、観光客の方も、ぜひ、気軽に声をかけてみてください。

【第3位】生産者の方が直接販売

宮古市魚菜市場内には、農家の方が自ら育てた野菜や果物を直接販売する産直スペースがあります。

今各地にある産直店では販売スペースに生産者の顔写真が貼ってありますが、宮古市魚菜市場では、生産者本人がおり、旬の野菜やその調理方法など直接お話を聞くことができ、大きな魅力となっております。

こちらも気さくなおじちゃん、おばちゃんばかりですので、みなさん気軽に声をかけてみてください。

 

■これからいらっしゃるお客様へのメッセージ

大震災からまもなく2年、まだまだ復興までは長い道のりです。

しかし、我々宮古市魚菜市場組合員一堂、頑張って一歩一歩前へ進んでおります。

ぜひ、皆様「宮古さぁ遊びにおでんせ。」(宮古に遊びに来てください。)

 

■アクセス

【住所】
〒027-0072岩手県宮古市五月町1番1号

【電話】
0193-62-1521

【ファックス】
0193-62-1522

【公式ホームページ】
宮古市魚菜市場

【交通アクセス】
東北新幹線→[盛岡駅]→岩手県北バス106急行バス(約2時間10分)→[宮古駅前]→岩手県北バス宮園団地方面行(宮古市内、宮古駅前~山口団地~山口~宮園団地~田代)(約4分)→[西町1丁目]
・宮古駅から車で約2分

【地図】

大きな地図で見る

 

 

【お店ピックアップ】有限会社後藤商店 後藤史年さん(宮古市魚菜市場青年部部長)

■魚市場直送の旬の新鮮なお魚をお届け

当店「後藤商店」では、宮古市魚市場から直送している新鮮な魚介類を皆様にお届けしております。

今の時期、2月は、毛ガニがおススメです。

毛ガニは茹でてお召し上がりになるのが一番です。また、カニ汁にしてもおいしいですよ。

漁が終わる4月いっぱいまでお求めいただけます。

宮古で水揚げされる毛ガニは身が詰まっていて甘みがあり美味しいです。

また、ワカメ、メカブ、海藻もおススメです。

わかめはシャブシャブに、めかぶは酢の物に、海藻は味噌汁にお使いいただくのが一押しです。

さらに、当店では、生きたままの潮を吹くほどに新鮮なホタテを販売しております。

こちらは季節に関係なくほぼ年中販売し、どの季節でもおいしくお召し上がりいただけますが、夏場獲れるものが特におススメです。調理方法は、やはり、殻が付いたままの貝焼きが最高です。

そして、春から初夏はウニやマス類、夏から秋はイカ、秋から冬は秋鮭やイクラなどが旬でオススメです。

 

■お客様からお褒めの言葉をいただく当店オリジナルの自家製加工品がオススメ

 

また、当店では、自家製の水産加工品にも力を入れております。

味わい深い「干やなぎカレイ」や「サンマミリン」などたくさんの当店オリジナルの水産加工品をご用意しております。

中でも、「自家製宮古産さけみりん」は特におススメです。鮭の品質はもちろんのこと、ミリンの味付けが良いとお客様よりお褒めの言葉をいただいております。

また、ネーミングに工夫を凝らした「男のいか塩辛」は、甘味のイカの塩辛が多い中、あえて味の濃い硬派なイカの塩辛を作りました。

ごはんに少量載せても一杯軽々お召し上がりいただけるほどで、お酒のつまみにも最適なワイルド~な一品になっております。

 

■見に来るだけでも楽しいお魚屋さん

当店では、季節に応じて2~3か月で魚介類が入れ替わり、また、ホタテは生きたまま販売しており大変珍しくお子様にも喜ばれますので、見に来るだけでもお楽しみいただけますので、お気軽にご来店ください。

安くて新鮮な旬の魚介類、こだわりの水産加工品をご用意して、皆様のお越しをお待ちしております。

 

■アクセス

【住所】
〒027-0072岩手県宮古市五月町1番1号(宮古市魚菜市場内)

【電話】
0193-64-1777

【ファックス】
0193-64-5116

【公式ホームページ】
有限会社後藤商店(宮古市魚菜市場)

【地図】

大きな地図で見る

 

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

 

PAGETOP
Copyright © いわて三陸観光復興プラットフォーム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.