岩手県三陸海岸観光旅行ポータルサイト

キャピタルホテル1000(岩手県陸前高田市)

 

写真

キャピタルホテル1000(岩手県陸前高田市)

 

詳細

震災から復活。陸前高田市の復興のシンボルに。

陸前高田市にある「キャピタルホテル1000」は、震災前、三陸海岸の景勝地である高田松原に隣接してありました。

しかし、平成23年3月11日に発生した東日本大震災による津波で大きな被害を受けたため、同施設での営業を再開することはなく、建物は解体されました。

そして、「キャピタルホテル1000」は、ホテルを再建するために新会社を設立し、陸前高田市を一望する高台へ新ホテルを作ることとし、工事を着工。

その間、調理スタッフは、盛岡市などにあるホテルで、また、サービススタッフも、仙台市内にあるホテルで研修に励み、再オープンに向け、動き出しました。

そして、「キャピタルホテル1000」は、震災から2年半ほど経った平成25年11月に、再オープンしました。

再オープンにあたり、「キャピタルホテル1000」は、この陸前高田の町と一緒に明日へ向かいことを誓うホテルになる、どんな困難にも負けない、強くて幸せな結婚を誓うホテルになる、そして人と人を想う気持ちを大切にできるホテルになる、という誓いを打ちたてました。

以降、「キャピタルホテル1000」は、陸前高田市の復興のシンボルとして、多くのお客様を迎いいれています。

 

多くの方に支えられたホテル再建。

「キャピタルホテル1000」で長年、たくさんのお客様をお迎えし、今回、新会社のトップとなった畠山直樹社長は、新ホテルを、地元の冠婚葬祭や宴会を始め県外からのツアー客をターゲットとして考え、また、震災による津波により家を失った方々の親族がお盆やお正月に帰省するさいの実家代わりとしても使ってもらうことも想定。

そして、「キャピタルホテル1000」が、陸前高田市に住む方々の集う場所にもなればと考えておられます。

さらに、畠山社長は、「キャピタルホテル1000」を再建するにあたり、たくさんの方に多大なるご支援をいただいたことに感謝されています。

資金繰りや建設工事などホテル再建に関わる実務面だけでなく、精神的な部分まで支えていただいたとのことです。

畠山社長は、ホテルをなんとしても、震災前の売り上げに一日でも早く戻し、多くの方に支えていただいた分を恩返ししたいとの思いで、日々最前線で指揮をとっています。

 

リンク

 

地図

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

 

PAGETOP
Copyright © いわて三陸観光復興プラットフォーム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.